藤沢市 藤沢駅 歯科 歯医者 | インプラント

サイトマップ

インプラント

HOME > インプラント

インプラントとは?

インプラントとは

歯周病やむし歯等で不幸にも歯を失ってしまった場合、失ってしまった歯を補うために従来さまざまな方法が取られていましたが周囲の健全歯を傷つけてしまう等の問題がありました。
これらの方法では残りの歯に負担をかけ、長い目で見たときに歯そのものの寿命を縮める結果を招きます。また歯周病により負担の能力が低下した歯に他の歯の力まで負担させてしまうことは、さらに歯を失うリスクを高めてしまいます。
歯が1本でも失われてしまうと、生活にさまざまな支障をきたしてしまうことがあります。

そこで最近注目されてきた治療がインプラントです。

歯科用インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根(チタン製)のことです。インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込み、その上に歯を作っていく方法です。
インプラントを用いて人工的な歯根を歯に埋込むと、自然歯と同じような生活を送ることが出来ます。ブリッジクラウンや入れ歯と違い、周囲の歯への影響が無いことや、通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなくなることなどが特徴です。

当院が使用するインプラントシステム

ストローマン研究所がITIと共同開発したインプラントシステム

このインプラントシステムは各専門分野のエキスパートによって構成された営利を目的としない国際的研究チームITIと、骨整形外科分野で40年余りの実績を持つスイスのストローマン(Straumann)研究所が共同開発をしてできたインプラントです。1974年に開発されて以来、世界40ヵ国以上で使用されている、信用性のあるインプラントの一つです。

治療の流れ

STEP1. 診査と治療計画

CT撮影による診断
CT撮影による診断

CT撮影による診断

CT撮影を行い、十分な診査をさせていただいたうえで、インプラント治療が可能かどうか判断します。治療が可能であれば、失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法にはさまざまな選択肢があります。

歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。治療方法・期間・費用などさまざまな面に関して、詳しい説明を十分に行います。

STEP2. インプラント埋入手術(一次手術)

インプラント埋入手術

局部麻酔のもと、顎の骨にチタン製の人口歯根(インプラント)を埋入します。

手術や麻酔に対して恐怖感がある、痛みや音・治療時間が気になってしまう方
当院ではリラックスして治療を受けていただけるよう「静脈内鎮静法(セデーション)」を導入しております。

詳しくはこちら»

STEP3. 治療期間

一次手術後、3~6ヵ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します。
これを、「オッセオインテグレーション」といいます。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

STEP4. 二次手術

歯ぐきを開いて、インプラントにアバットメントを取り付け、人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。

STEP5. 人工の歯を作成、装着

人工の歯の装着

歯ぐきが治った時点で、人工の歯を作ります。形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。

STEP6. メインテナンス

3~6ヵ月に一度来院していただき、かみ合わせのチェックやクリーニングをいたします。

動画でもインプラント治療方法をご確認いただけます。
ページの先頭へ