藤沢市 藤沢駅 歯科 歯医者 | 矯正

サイトマップ

矯正

HOME > 矯正

矯正とは?

歯並びが悪いと、審美(対人関係、発音、コンプレックス等)だけでなく健康にも大きな影響を与えます。
矯正治療とは、悪い位置にある歯を顎の骨のなかで少しずつ動かしたり、顎を良い方向に動かしたりして、正しい歯並びや噛み合わせを作る治療です。

矯正の治療詳細へ

歯並びが悪いと…

歯並びが悪いとさまざまな不調が起きる可能性があります。

  • むし歯や歯槽膿漏になりやすい
  • 良く噛めない為に、胃腸障害を起こすことがある
  • 顎の成長や顔かたちに影響し、不調和をもたらす
  • 正しい発音がしにくい
  • 口もとが気になる(審美的要素とコンプレックス)

などの症状のほか、ひどくなると首や手足にまで痛みをともなうことがあります。

治療の流れ

STEP1. 相談

歯並びや矯正治療に対しての相談をお聞きします。次にお口の中を診査し、矯正治療についてのおおまかな説明、治療期間、費用などのお話をいたします。
初診相談費用は無料ですのでお気軽にご相談ください。

STEP2. 精密検査

診断に必要な顎や横顔のX線撮影、お口の中の写真撮影、歯型の採取、問診等を行います。

CT 顎や横顔のX線撮影
口腔内写真 歯型の採取

STEP3. 治療計画説明

精密検査で得られた診断結果に基づいて、治療計画、使用する装置、治療期間や治療費について詳しく説明をいたします。

STEP4. 治療開始

いよいよ治療開始です。矯正治療に使用する装置を1~3回に分けて装着します。
だいたい1ヵ月に1回の割合で来院していただき装置の調整を行います。 治療期間は個人差がありますが、1年~2年くらいが目安です。

矯正治療例1 矯正治療例2

STEP5. 保定期間・メインテナンス

歯の移動が完了したら装置を取り外します。移動した歯が骨の中で安定するまで、取り外しの保定装置を用いて歯列、かみ合わせを安定させます。
3~6ヵ月に1回の割合で来院していただき、チェックや歯のお掃除等のメインテナンスを行います。

目立たず行えるマウスピース矯正

スマイルトゥルー SmileTRU 1

マウスピース矯正とは従来のワイヤー矯正とは異なり、透明なマウスピース一定期間ごとに交換していくことで、少しずつ歯を動かして矯正を行う治療です。

当院では、米国テキサス発の世界各国で実績のあるマウスピース型(アライナー)矯正システムを使用してマウスピース矯正を行っていきます。

マウスピース矯正のメリット

透明なマウスピースを使用するため、目立ちにくい。

ワイヤーを使用する矯正とは違い、薄く透明なマウスピースを使用するため、日常でも目立つことがほとんどありません。
人前に出る機会が多い方でも、気軽に矯正治療を行なうことができます。

痛みが少ない

従来の矯正装置とは異なり、口の粘膜や舌に当たる際の痛みが少なく、口内炎ができることもありませんので違和感や不快感が大きく軽減されます。

衛生的

マウスピースを取り外して洗浄ができるため、衛生的にご使用いただけます。
歯みがきも普段と同様に行えます。

食事を美味しく楽しめる

食事の際はマウスピースを外すことができるため、矯正装置に食べ物が挟まったり、絡むことなく、矯正前と同様の食生活を行うことができます。

マウスピース矯正の適応範囲

マウスピース矯正は、顎骨に携わる治療ではなく、歯の移動のみを行う治療です。
基本的には前歯部6本までの移動で治療可能なケース、もしくは小臼歯までの10本の移動で治療可能なケースが適応範囲となります。
そのため、マウスピース矯正が患者さんにとって最適な治療方法であるかどうか、しっかりと診断を行った上でご案内を差し上げます。
場合によっては、別の治療方法をご提案差し上げることもございます。

マウスピース矯正を使用した治療の流れ

STEP1. 診断

患者さんのお悩みやご要望を伺った上で、マウスピース矯正に適応するケースかどうかの診断を行います。
口腔内の現状を確認し、むし歯や歯周病など疾患がある場合は治療を行った後に、矯正治療へと進んでいきます。

STEP2. 治療準備

患者さんの歯型を採取し、模型を作製します。
模型を最先端のレーザースキャニングマシンで3Dデータにし、米国テキサスのSmileTRU本社に送ります。
そこで矯正医を含む専門チームが、歯を正しくきれいな位置にデザインします。

STEP3. 治療前確認

院内にデータが届きましたら、治療を始める前に、最終的な歯並びの予測を3D画像上で確認していただきます。
ご納得いただいてから治療がスタートします。

STEP4. 治療の実施

スマイルトゥルー SmileTRU 2

マウスピース製作自体は日本で行ってまいります。
マウスピースは1日20時間以上装着してください。飲食や歯みがきの際は外すことができます。
2週間ごとに来院いただいてチェックを行い、新しいマウスピースに交換しながら、矯正を進めてまいります。
矯正期間は症例により異なりますが、早い方でしたら、3ヵ月できれいな歯並びになります。

ページの先頭へ